ちいきのふうけいをみんなでつくろう!vol.03ご報告

ws301

7/8の”ちいきのふうけいをみんなでつくろう!”は再び福井工業大学の五十嵐啓先生の協力のもとSSL工房で行ないました。今回は事前にどのような模様が良いかと募集したところ、10案程応募がありました。

ws0302

しかし、事前にでた案にもう一歩前進できる!と、設計の丹治と加賀谷より、再度、イメージや今回の外装材の特徴をレクチャーして、参加者に再度検討してもらいました。今回の敷地である竹田のことや改修建物の旧竹田小学校のイメージを膨らましてもらい検討すること1時間ほど。いくつかあった中で選ばれたのが、にょきにょきとのびる竹をモチーフにした案と、うろこ部分のクロス案を採用し、鯉をメージしたものの2案。鯉をイメージした物は木をならべてみると、鯉のぼりのようにも見えますね。

ws0303

ws0304

この日は蒸し暑く、1時間程で表面は硬化し始めましたが、脱型は本番同様に翌日に行ないました。翌日の朝9時半頃にはどちらも綺麗に、簡単に型から外れました。が、一部にひび割れがでてしまいました。この点は、再度材料メーカーのユピカやこの素材を良く知っている第一回目に講演会を行なってくれた吉田博則氏に確認、相談し、材料の配合を再度検討できたので一安心。

ws0305ws0306

あれ、よく見ると鯉が必死にがんばってるみたい?

さてさて、本番(8/3〜行ないます!)あと2週間程ですが、どのような外装材になるのか、ラストスパートです。

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です